女子サッカーがいつも見えるところに。
■□■□■

【更新情報】と【なでしこ周辺NEWS】

2019.1.3

明けました。おめでとうございます。

昨年も、女子サッカーは、ずっと、私にとって、いつも見えるところに存在してくれました。
こちらではなかなか言葉を書けませんでしたが、応援している選手とチームの応援を、対戦チームの情報も追いながら続けていました。
9月頃でしたか、体調を崩したときに、一緒に、ニュースや試合映像など、リアルタイムに近い情報を再現する映像が観られなくなりました(ドラマとかCMだけは、中で完結しているので?セーフ)。かつて10年ほどそういう時期を過ごしましたが、女子サッカーを応援しはじめてからは初めてのことで、せっかくmycujooが配信してくれている試合も映像では観られなくなったので、開き直って、現地で試合を観戦していました。
ツイッターから少し距離を取るようになったので、あまり情報をチェックできなかったし、こちらからもほとんど流せないままでしたが、女子サッカーとの別の関係性を探っていたとも言えるかもしれません。

今年の6月頃、女子サッカーに関してやりたいことが見つかりました。
今は、ひたすらそれを実現するための勉強中です。
あまりにも道のりが遠いので笑、実現は、いつになるか分かりません。

「Number」の1月17日号(968・969)の、宮間あや選手がなでしこジャパンから今に至るまでを語った記事を読みました。
選手、と書きましたが、それはこの記事の中で宮間選手が、「今は”プロ”ではないですけど、たぶん死ぬまでサッカー選手では居続けると思うんです。サッカー始めた時から、私はずっとサッカー選手です」と仰っていたので。宮間選手が別の呼び名を望まないかぎり、今後も私は、この呼び方で行くと思います。
宮間選手が誇る「なでしこジャパン」。そこから私は多くの恩恵を受けました。サッカーや、チームというものの素晴らしさを改めて教えてくれたのも、なでしこジャパンでした。
その感覚は、いろいろなところで綻びや崩壊が起きても、今も私の中に変わらず存在しています。
その気持ちが変わらないかぎり、私はずっと女子サッカーの見えるところにいるのだろうな。

水面下での作業が多くなり、ここがどのくらい更新できるかまだ分かりませんが、気になったことがあれば、言葉にしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いいいたします。

余談:新潟が、女子部門を独立させましたね。素敵な試み。ツイッターアカウントも独立したので、そこも更新しました。今年はチャレンジリーグでツイッターアカウントをお持ちのところも足してみました。





過去ログへ  
■□■□■