第10節あいづ陸上競技場2016






【第10節あいづ陸上競技場2016】
2016.5.24
第10節は、仙台のホーム開催でのあいづ陸上競技場、対湯郷戦。
関東のベル女(「ベル女」というのは、岡山湯郷Belleを応援する女子の略)お一人まいさんと「会津行く?」と話したのがきっかけで、同じくベル女の、岡山から来るねーさんと、関東のみさきちゃんと、一緒に郡山から車で行こうということになって。
郡山での待ち合わせの時間が決まった最初は、朝が早すぎるので無理だと思って、一人で電車やバスを乗り継いでたどりつくつもりでいたのが、当日、何も考えずに出発して最寄り駅から急行に乗ってみたら(いつもは必ず座れる鈍行を使います)、間に合ってしまいそうな気配。。
まいさんに、当日「やっぱり来ちゃった」でもいいからね〜と言ってもらっていたので、問い合わせて、便乗させてもらうことに。まいさんに「なかのさんは来ると思ってたよw」(私は一部のベル女の間ではなぜか「なかのさん」と呼ばれています)と笑われる。
まさに、大宮の新幹線のホームで、ねーさんと遭遇(笑)。一緒に自由席で。まいさんは先に郡山に向けて出発していて、同じ新幹線に乗っているはずのみさきちゃんは指定席だったので、郡山で全員集合。
郡山駅からレンタカーを借りて、いちばん若者のみさきちゃんの運転で、ナビに電話番号入れてレッツゴー。
3人とは久しぶりに会ったと思っていたけど、まいさんとみさきちゃんは昨年末の皇后杯の決勝で一緒にこたつ席で観戦させてもらっていて、ねーさんとも2月の交流戦で顔を合わせていました。ベル女は女子サッカーあるところ、どこにでも行きますからね。

☆彡


猪苗代湖、磐梯山、あいづ観音(正式名は会津慈母大観音像だそうです。昭和57年に57歳で個人が作られたもので、高さ57メートルなのだとか)。

 
横に猪苗代湖を見て、正面に磐梯山を見て、途中、野口英世の里郵便局や、でかい「あいづ観音」なるものも通り過ぎ。最後にコンビニに寄って、無事にあいづ陸上競技場に到着。
おっちゃんやユーイチローさん、あきちゃんなどベルサポの方々や、数試合ぶりに会うシュガーとクッキーとお母さんをはじめとする仙台のサポの方々に挨拶をして、選手バスの到着を見て、隣接する公園のベンチでベル女の方々と、コンビニで買った食べ物を消化。
食休みして、入場のために移動。途中で、震災のための募金箱にベル女の皆さんも募金なさるというので、私も募金(別口で個人的にしていますが)。たまたま目の前にいた佐々木美和選手の箱に、少額ちゃりん。お疲れさまです。

東北電力のマカプウ。

通りすがりにマスコットの後ろ姿が見えたので、近寄ったら東北電力のブースがあって、このマスコットが「マカプウ」という名前だと知るなり。
バックスタンドから両ゴール裏まで広がる自由席の入口から入場。KUROさんが列にいらしたので、中野さん関連の約束のものを手渡し。一つノルマ終了。
今日は、ベル女の皆さんがプレナスで当たった招待券で自由席に座るというので、私も一緒には座れないけど、ソシオ・レディースの会員でもらった4枚の自由席の招待券のうちの1枚を使う予定でした。
自由席はすべて芝生席でした。入ったところで、ちょうどはちさんがいらしたので、こちらも中野さん関連の約束のものを手渡し。これで会津遠征の最低限のノルマ終了!

☆彡

さて、応援団のすぐそばはしんどいかな、どこに陣取るか、と思っていた矢先に、声をかけられて、お顔は見たことがあるのだけど、どなただか分からず・・・、その方が「あれ、Sゾーンじゃなくて大丈夫なの? Sゾーンのチケット持ってるから交換してあげようか?」と言ってくださいました。
今日の会場では、メインスタンド全部がSゾーンでした。つまり、Sゾーンなら座席があるわけです。
少し迷いましたが、省エネ行動のためにも、お申し出を有り難く受けることにしました。
どうして私がなるべく混んでいないSゾーンを狙って座っているのをご存知なのか分かりませんが、本当に有り難かったですm(_ _)m ありがとうございました。
メインスタンドへ移動。途中でいわまつさんにお会いしました。「ちゃんと(中野さんの横断幕)はっておきましたから!」「ありがとうございますm(_ _)m」
入場して、Sゾーンで、後ろが通路で、左右に人がいない席を確保。これで安心。
そうしたら、後ろの席に、先日、三木防災で珍しい芝目のことを教えてくださった方がいらしたので、これがいい機会と思って、勇気出して自己紹介をしにいって、「中野真奈美選手を応援している者です」と言ったら「知っています」と言われる(汗)。しかし、相手の方のお名前等を聞くまでの勇気がなく。ううう。

☆彡


あいづ陸上競技場。

あいづ陸上競技場でチェックインしたら(スマホの位置情報を元に、訪れた場所を記録するアプリにて)、2013年9月以来です、と出てきた。
え、もしかして、2013年9月って、もしかして「会津の歓喜」のとき?
「会津の歓喜」とは、2013年のシーズン当時、それまで無敗だったINACにベルが土をつけた試合のことです。そうかぁ、あれ以来かぁ。
非常に感慨深かったです。ベルにとっては縁起のいい場所、でもそれは当時ベルにいた中野さんと有町紗央里選手選手にとっても縁起のいい場所であり。
んー。深く考えるのはよしましょう(笑)。

☆彡

ピックアップインタビュー。

本日のマッチデープログラムは、表紙が有町選手、中のピックアップインタビューは中野さんと、対湯郷戦らしいチョイスでした。
中野さんのインタビューの中の「ここまでの自己評価は『周りを生かすことも自分が生きることも、全然できていません』と厳しい」という一文を読んで、ちょっと胸の詰まる思いでした。
中野さん、そんなふうに思っていたのか。。
確かにマークが去年より格段にきつくなって、やりたいことが思うようにできていないだろうなとは思っていましたが。。中野さんの口から聞くと重かった。
それだけ自分の役割に対する責任も感じているんだろうなと思いました。
仙台に来てから、それまでよりもサッカーに対して自覚的になったように端から見ていて感じていて、それは中野さんのいいプレーが観たい私にとっては、とても嬉しいことでもありました。
やりたいことがチームの皆さんと一緒にできるようになるまで、頑張れ(^-^)

☆彡

試合開始が近づくにつれて、緊張してきました。
実は、中野さんが仙台に来てから、古巣対決である対湯郷戦を生観戦するのが初めてだったのです。
正直、前半は、あまりまともに「サッカー観戦」できていませんでした。
あんなに心強かった福元美穂選手のコーチングの声がとても怖く聞こえた。久しぶりに聞く湯郷の応援のコールも、地元の子どもたちが入っていたこともあって、湯郷のホームでの応援を彷彿とさせて、仙台のコールと代わる代わる聞いていたら、何だか混乱してしまって。
後半に、湯郷の23番の選手が交代するときにも、一瞬、中野さんが交代すると思ってしまったほど。。。
この日は結局、3-1で仙台が勝利しますが、中野さんの右CKから川村優理選手が決めて仙台が先制したすぐ後に、宮間あや選手の直接FKのチャンスがあって、入らないで!と祈ったけど、無理だった。GKのブリトニー・キャメロン選手も届かない右上隅に吸い込まれていく、完璧なボールでした。
ああ、もう今はこの二人を敵にしてるんだ、と思い知りました。

☆彡

この日の仙台は、前節の好調を受けて、ボールもよく回っている印象でした。
宮間選手が、最初からかなり下がった位置にいたので、中盤での奪い合いがそれほど難しくなかったこともあるかもしれません。
中野さんは、とにかくボールを持つ機会も、チャンスにつながりそうなプレーも多く、そのたびにガン見してしまうので、いつものようには全然写真撮れず。でも、嬉しい悲鳴でした。この日は、中野さん、本当に気合い入ってました。改めて、湯郷のときの中野さんとは同じ位置でもまた役割が違う、もう完全に仙台の中野さんでした。
2点目も、中野さんのスルーパスから、前線に抜け出した有町選手が反転しながら受けて確実にシュートを決めました。かなり久々のパンライン?(「パンライン」とは、湯郷にいた頃の中野さんと有町選手の決定的な連携のことで、中野さんと一緒に暮らしていた有町選手が、毎朝、ホームベーカリーでパンを焼いてくれて二人で食べていたことから、湯郷がかつて美作のスタジアムでだけ試していた場内限定FMラジオでの解説にて、湯郷OGの方がアナウンサーとともに笑いながら名付けたものです。もう誰も使わないかな。私も使い納めかな)
中野さん、2アシスト♪
そして、3点目は、リーグ公式のこの試合の写真にもなっていた、地元福島の星、安本紗和子選手の得点。安本選手を有町選手と中野さんが祝福しているという構図でした。象徴的(この写真は、公式のフォトブログに掲載されたのと同じものです)。
中野さんは前半に、決定的なシュートがありましたが、サイドネットだった。仙台は前半からかなりの本数のシュートを打っていて、宮間選手が下がっていなかったら、きっともっと得点できたでしょう。
仙台はこの日も交代カードをすべて切りました。中野さんは3人目、試合終了直前に嘉数飛鳥選手と交代。ベンチの脇でストレッチしながら座っていました。
このとき、カメラを構えて初めて気づいたのですが、スパイクが前の試合とは違わないかな? 翌日、現地に来ていなかったベル女のけせらさんが、「まなぴーナイキ」って教えてくれました。それで本当にスパイク変わったんだとはっきり認識。調べてみて、間違っていなければ、中野さんはスパイクも公式ガイドブックでの位置づけと同様「レジェンド」になったかも。。
数分で試合終了。
試合中、一瞬、雨が少し落ちましたが、何とかそのまま天候ももって。
今日も仙台の応援は熱かった! 会津の空にAURA響いた。お疲れさまでしたm(_ _)m

☆彡

試合後、遅れて入場されていたりあすんさんが、こっちの席に来てくださって、ご挨拶しばし歓談。
あ、このとき、上で書いたお名前を伺えなかった方のことをりあすんさんに尋ねたら、なんとー、佐々木繭選手のお母さまでいらっしゃいました。うきゃー! こんなに何度もお目にかかっているのに、失礼をば。。。この日はお父さまもいらしていました。後で代表選出のお祝いをお伝えしました。どおりで、試合前、高倉麻子監督が視察に来て、広報の辻上裕章氏に連れられてお席に座られるというときに、ご挨拶に向かわれていたわけだ!
りあすんさんと一緒にスタジアムを出て、りあすんさんがお連れの方の車で帰られたあと、その辺にいたら、ひろMooさんとKUBOTAさんが出てくるところにも遭遇して、ご挨拶できて。ひろMooさんが「千葉は? ミムラさんが来られたら、また千葉で」って言ってくださいました。行けるといいなぁ、千葉も。
何となくそのままスタジアムの玄関にいたら、たまたま通りかかったはちさんとしばらく話して、一緒にシュガーとクッキーのところに行って、撫でさせてもらって、お母さんと話して。
さらに再びスタジアムの玄関に戻ったら、ベル女のあきちゃんが有町選手と中野さんに差し入れを持っていて、建物の中に姿が見えている有町選手を待っていたので、そこでぼんやりしていて。
あきちゃんと有町選手との絡みが終わってから、スタジアム脇のバスが停車している辺りで出待ちしていたまいさんたちに合流してしばらくしたら、中野さんがふらっと来てくれました。他にサインをお待ちの方もたくさんいたので、手短に差し入れの話をして、今日はサインももらわずに終了。
後で、帰りの車の中でまいさんが(このときのまいさんは、教祖さま宮間選手のスペシャルファンサを受けて絶賛感激中。よかったね〜!)、「ファンサのときのまなぴーとなかのさんの関係が、もうまなぴーがこっちに向かってきてなかのさんを見つけたときからすごくいい感じだった」と言ってくれて、何だかほっとしました。他の人からそういうふうに見えているなら、これからもファンサに混じってても大丈夫かなって。ずっと、自分の身勝手と思っていて、自信なくて。今年に入ってからは、以前よりは少し落ち着いて、中野さんとお話しできるようになってきましたが。。。
あきちゃんが、柵越しの中野さんと無理矢理(笑)ツーショット撮っていて、中野さんが柵に顔を押しつけて変顔しているのが可笑しかった! 中野さんは、ファンサを一通りした後は、バスの向こうで、湯郷のFW松岡実希選手と長いこと話をしていました。幾度かの抱擁も。松岡サポのねーさんに聞いたら、中野さんと松岡選手は、松岡選手が早生まれなので、1987年生まれだけど、学年が一緒なんだって。そうなんだぁ。
さらにその横では、仙台のGKブリトニー選手と、アメリカのロサンゼルス・ソルでチームメイトだった宮間選手が、福元選手と3人でこれまた歓談なさっていました。いい光景。

☆彡

湯郷のバスの方が早く出ました。というのも、この日、試合終了後のスタジアムでは、試合に出場しなかった仙台の選手たちによる子どもたちのためのサッカー教室があって、選手を全員連れてきていた仙台は、それが終わるまで出発しなかったので。
ねーさんの新幹線の時間もあったので、仙台のサポの方々にご挨拶して、スタジアムを後にしました。

帰りの運転もみさきちゃんが担当してくれました。

蔵小町というお店で、「両方入りワンタン麺4つ!」。

無事にレンタカーを返して、郡山の駅ビルに入っているフードコートで、喜多方ラーメンを食べて、解散(3人は結局、同じ新幹線に間に合って乗れたみたいでした)。今回はご一緒させてもらって、本当にありがとう!! とても気持ちも楽で、身体も楽ちんでした。
で、私は、一人で反対側の仙台行きの新幹線を待ちました。

☆彡

実は、遠征の数日前に気づいたのですが、中野さんがお勤めのアイリスが、毎年、全国のいくつかの工場の敷地でお祭りを同時開催していて、いちばん規模の大きなお祭りをやる角田工場では、ベガルタ仙台レディースの選手によるトークショーがあるんです。毎年、アイリスと、その傘下のダイシン(ダイシンがアイリスの傘下であることは、ツイッターでさくらいさんが教えてくださいました。二つのロゴでユニの胸スポンサーになってくださっていますね)にお勤めの選手が出ることが多いようです。中野さんが昨年、出ていらっしゃったことは、昨年グランパさんに教えていただいて知っていました。
そのお祭りの開催日が、会津の試合の翌日でした。
滅多に多分、試合とセットになんてできないだろうし、最初で最後かもと思いながら、体調がよければ行こうと思っていました。
ホテルも、仙台でいつも泊まるホテルが空いていたので、安心して滞在できるし。

せっかくだから、もしかすると動画撮影は禁止かもしれないけど、録音ならいいかな、準備していこうと思いました。
以前に中野さんが湯郷にいたときに、「中野真奈美デー」と呼ばれた試合があって。2013年5月のカップ戦第1節対伊賀戦です。マッチデープログラムの特集も、場内限定FMラジオのインタビューも中野さんで、湯郷の公式HPでもそのことが宣伝されていました。実際、試合も本当に「中野真奈美デー」にふさわしく、中野さんは多分公式な試合では初めて、宮間選手が横にいる状態で、ゴール正面のいい位置からの直接FKを蹴りました(宮間選手がアメリカに行っていらした間は、中野さんがキックをすべて蹴っていたようです)。いいボールで、それをGKが後ろに弾いてCKに。その宮間選手のCKを、中野さんがゴール前で左足に合わせて先制点を決め、最終的にも3-0で勝っています。
このときのマッチデープログラムも、FKを蹴った瞬間の写真の拡大コピーも(当時の中野ファンの方にいただきました)、ずっと部屋に貼ってあります。
私は、この試合には急遽、行くことに決めたんですけど、場内ラジオを記念に録音しようと、高速バスから降りた美作インターの近くにあるヤマダ電機で、ラジオも録音できるICレコーダーを購入したんです。それを久しぶりに取り出してきました。だいぶ使っていなかったので電池が切れていて、補充しようとしたら、うちにあった単4の電池は、アイリスオーヤマの商品だった! これは「大丈夫だ、行ってこい」ということに違いない! こういうとき妄想の後押しは効きます(笑)。

☆彡

駅の待合室のドアに貼ってあったシール。「福が満開、福のしま。」

郡山駅で新幹線に乗れるまで時間があったので、夕食のための駅弁を買ったり(え、さっき食べたボリューミーなラーメンは? おやつです。笑)。後は休憩室でじっとしていました。

再びのずんだシェイク。

仙台駅で、改札から出たところで、ふと、ずんだ茶寮が近いなと思って、人生二度目のずんだシェイク。
いつものコンビニで買い物をして、ホテルへ。予定より1時間くらい早いチェックイン。
ジーンズが汗だくになっていて、上半身しか着替えを持ってきていなかったので(下着や靴下は除く)、コインランドリーで洗濯。・・・最初の1回はぼんやりしていて、洗剤入れるの忘れました。洗濯終わる頃に気づく。もう一度洗濯・・・(ナニヤッテルンダ)。乾燥。これで明日も大丈夫。

郡山駅で買った駅弁「鮭はらこめし」。9%の男梅サワー。なぜ私が男梅サワーを飲むようになったかは、中野さん関連の話なのですが、また機会があったら〜。

その間にシャワーを浴びて、お弁当食べて。
アルコール度数9度の方の男梅サワー飲んだら、ちょっと酔っ払っちゃいました。おかげでこのところあまり長時間続けて眠れていなかったのが、6時間くらい眠れました。でも起きたら汗だく。またシャワー浴びて、昨日買ってきた朝食を食べて、いつもの珈琲飲んで、アリナミン3錠飲んで(あ、端折りましたが、出発した日も朝食のときにアリナミン3錠飲みました)、予定より少し早めに出発。

☆彡

槻木駅のタクシー乗り場近くで。

仙台から東北本線に乗って、槻木(つきのき)駅まで。そこからはタクシーです。
行きの運転手さんからは、各地にあるアイリスオーヤマの中では、この角田工場のところがいちばん規模が大きくて、中心なんだよ、と教わりました。
中野さんのお勤めのアイリスの拠点に行くのだ〜♪

☆彡

敷地到着。

敷地の入口から見えた建物、入口付近の看板、並んでいた幟、アイリスのロゴマークの入ったマンホール。

 
9時半過ぎかな。てくてく幟の立っている坂を登っていって、そうしたら、道ばたにアイリスのマークの入ったマンホールが!!
電気やガスなど以外の、企業のロゴの入ったものは初めて!
マンホール好きの私にはたまらない!!!(笑)

登っていって、右手に最初にゲートのあった、ちびっ子コーナーに行ってみました。

「ちびっこワンパク広場」のゲート、大きなプールに浮かんだバルーンの遊具、ベガルタ仙台ジュニアユースのトラック、サッカー教室の受付案内板、会場のテニスコート。

 
水に浮かべたバルーンの中で遊ぶ遊具が、楽しそうだった(が、子ども限定だった・・・)。
あと、仙台のトップチームの選手によるサッカー教室の案内板が出ていました。階段を上がっていくと、テニスコートがあって、子どもたちがもうボールを使って遊んでいました。指導している人はいたけど、この時点で、本当の教室が行われていたかは不明。

☆彡

メイン会場のゲート。その脇の工場のネームプレート。プレートちょっと暗く写っちゃいましたね、すみません。

さて、トークショーが行われるステージへ行きましょう。
さらに奥へ入っていって、金網越しにステージが見えてきたら、まぁ、1時間以上前なのに、ステージ前のベンチ席はもちろん、後ろに丘のように広がる芝生席にも人がいっぱい!
少し急いで、先にあった入口から回り込んで、ステージ前の芝生席に向かって、潜り込んでいき、少しの空いたスペースに、いつも持ち歩いているレジャーシート敷いて、ステージに向かってやや右寄りの正面に場所確保(あ、空っぽのステージくらい撮っておけばよかった)。
それにしても陽ざし強いし、あっついなぁ! 水分補給を多めにして、日焼け止め塗り直して、頭にはベガルタのタオルマフラーかぶる(でも、腕だけは一部けっこう焼けちゃいました)。
客席がいっぱいだったのは、実は、前の時間帯にやった動物戦隊ジュウオウジャーのショーのためでした。よく見ると、小さいお子さんを連れた家族連れがいっぱい。始まったショーは、何か久しぶりに観た直球勝負のストーリーで、感動してしまいましたよ(笑)。子どもたちも最後はジュウオウジャーと一緒に立ち上がってダンス踊ったりして、とっても楽しそうだった。
ジュウオウジャーのメンバーとの握手会があるというアナウンスがあったら、みんなそれに殺到。客席はあっという間に人が少なくなりました。
今なら、ステージのすぐ前のベンチ席も、日陰だし、行けるけど・・・。
あんな近くで中野さんと長時間いるなんて、私にはハードルが高すぎる・・・!
ツイッターで、ベル女のこうさんとかぼにたさんに励まされたけど、やっぱり無理(T_T)。
ん・・・。途中で緊張がはじけ飛んで逃げ出したりするよりは、ちゃんと時間いっぱい、楽しんで中野さんのことを見られて、大好きな声も聞けるところにいよう、ここのままでいいやって決めました。
それでちょっと安心。
お腹が空いてきたので(いつものことです爆)、10時半過ぎでしたが、ステージの隣にあるフードコーナーへ。馬肉カレーが食べてみたいとちらしのPDF見て(ベガルタ仙台実況アカウントさんがツイッターで流してくれたものを保存! チラシ表チラシ裏)、思っていたんだよな。アイリスの各地の拠点から店舗が出店されているそうで、有名なのでは富士宮の焼きそばとかありました。馬肉カレー、どこのか書いてなかったので、お店の方にお尋ねしたら熊本ですって! あら、何か熊本のものを購入したいと思っていた最近だったので、ちょうどいいわぁ。
芝生席に戻って、美味しくいただきました。
トークショーは11時からだったんですが、ステージで司会の人が、予定にはありませんが、ベガルタ仙台のチアリーダーのパフォーマンスが10分前から始まります、とのことで、それもラッキー。チアなんて、すぐ目の前で観たことなかったですよ。

馬肉カレー。ベガッ太さん。

そして、チアのパフォーマンスが始まった頃だったかな、芝生席にいきなりベガッ太さん現る!
これも想定外で嬉しい!
いよいよベガルタ仙台レディースのトークショー&オークションの時間。
ベガッ太さんはすでに壇上に(笑)。
司会は、ワッキー貝山さん。調べたら、仙台のローカルタレントさんなんですね。よろしくお願いしま〜す♪

ステージ前のベンチをはじめ、客席もほどほどに埋まったトークショーは、貝山さんとベガッ太さんの掛け合いからスタート! ベガッ太さんがお好きなことでお馴染み、浅香唯ちゃんののこととかね!
今日、登場してくれたのは、2番DF千葉梢恵選手、14番DF高良亮子選手、そして23番MF中野真奈美選手。
中野さん(*^-^*)
試合以外で、こんなにゆっくり中野さんの姿を好きなだけ観られたのは、私は初めてだったんです!
ベルのファン感のときですら(一度は声が出せない状態で行っちゃったしな←発病以来たまにあります)、お会計のときに近寄るくらいで、後は盗み見だったから(笑)。
以下、写真も動画も撮影はOKだけど、ネットに流すなとのことだったので(正確には、これはジュウオウジャーのショーのときに言われたことですけど、トークショーにも適用されると考えて)、録音を適当に文字に起こしてみます。音声ファイル出そうかとも思いましたが、まぁオークションも合わせると30分近くあるし、やめておこう。あとトーク中の( )内は、内容のまとめなど、私の言葉です。

選手の皆さんは、一人一人登場して、各自自己紹介して、「最近試合だったのにお疲れでしょう」という貝山さんの言葉に、「昨日です」。最初、貝山さんは相手が湯郷だったので、3人が岡山まで行ってきたものと思ってて(笑)、選手の皆さんが「福島です」とそっと訂正。
みんな用意された椅子に座って。左から、貝山さん、千葉選手、高良選手、中野さん、さらにベガッ太さんの椅子もありました!
今シーズンの調子、現在3位ということで、チームの雰囲気について。チームのムードメーカーは誰かを聞かれて、、、誰も何もしゃべらない(笑)。貝山さん「誰もマイクを持ってもしゃべらない」「去年もこんな感じでしたからね」とあえて困らない(笑)。
チーム状況はよいでしょうとのことで、その理由について、「すごく選手の仲がいいことです」と高良選手。中野さんも同じことを聞かれて、お馴染みの「そうですね〜」から始まって(笑)、「チームが仲いいのが3位という結果になっているんじゃないかなと思います」。さらに2位から5位まで拮抗していますがと聞かれて、中野さん「ほんとに一試合一試合、選手はやっていくしかないので、、上位を狙っていきたいなとは思います」。
10試合くらい終わって、スタミナ的にはどうです、と聞かれて、高良選手「仙台は涼しいところなので、アウェイに行ったときに昼間の暑い試合だったりとかは、暑さ対策したり、自分で自己管理してやっています」。
3人の中でいちばんタフなのは、と聞かれて高良選手が「若い千葉選手です!」。千葉選手「そんなに若くないです」(笑)。
食べ物とか気にしてるんですか、との質問に千葉選手「好きなもの食べます」、ちなみに好きなものは何ですかと聞かれて、答えにつまる千葉選手。貝山さん「言ってもらったら、もしファンの方(いらしたら)、家の前とか勤務先に届くかもしんないよ、これ」。そしたら中野さんが、突然マイク持って「メロン好きでーす!」、ウケる貝山さん、それに続く高良選手「バナナでーす」、千葉選手少し悩んだ後に「カフェオレ」。またウケる貝山さん。「じゃけっこう休みとかは喫茶店とか、スイーツめぐり行ったりしてる感じですか」と聞いたら、千葉選手「そんな行かないです」、「じゃどんなタイミングでカフェオレ飲むんですか」、千葉選手「遠征のときとか」。(千葉選手は、缶コーヒーのボスのカフェオレがお好きだそうです!)貝山さん「いやーサントリーの方、今日はいなさそうですけどね〜」。さらに貝山さん「メロンなんかは何でもいいの?」、中野さん「夕張メロンが好きです」。「時期的には夏ですかね」、中野さん「そうですね」(貝山さんによると、山形の庄内なんか行くと赤い実の素敵なメロン、あるそうですが、多分中野さんは夕張と仰ってるし、ご出身の北海道の関連で仰ったんですかね)。貝山さん「そして、バナナ。アスリートの方はよく食べるそうですが、なんで好きなんですか?」、高良選手「昔から食べてたからです」(これも、ご出身の沖縄が産地の一つだからでしょうか。沖縄の田舎行くとバナナ畑ありますよね)、「小学生みたい」とウケる貝山さん。「バナナがあれば何でもいいと?」、高良選手「けっこう好きです」。(貝山さんによると、筋肉なんかは甘いものが必要みたいで、バナナと一緒に30分以内にカルシウムとったりすると筋肉が増えるという話もあるそうです)「アスリートだから知ってるどころじゃないですよね」、高良選手「そうですよね♪」、「合わせたな!」と笑う貝山さん。
貝山さん「お休みっていうのは何をしているかくらい聞いて、トークショーもう10分なんで終わりにしたいんですけど」。まず中野さんが聞かれて、「お休みはですね、そのときによるんですけど、映画観たりとか」。最近は?「最近ですか?(ちょっと声が低くなって)『トランスポーター』観ました」、「じゃ、映画館に行ったら会えるかも?」、中野さん「いや映画館には行かないです」、貝山さん「あ、DVD借りてきてね、意外にインドア。メロン食べながらね、そんな感じなんでしょうかね」。高良選手「最近、真奈美さんに珈琲ちょっといろいろ教えてもらって、カフェとか行ったりします」。貝山さん「あー、プライベートでもおつきあいあるんですね〜」、高良選手「はい」。千葉選手「よく仙台に買い物に行ったりします」「どの辺行くんですか?」「仙台全体的に」「街中」。範囲広いとウケる貝山さん。(「街中(まちなか)」について、仙台弁だと仰る貝山さん。他の地域の人に「街中」っていうと分からないって仰ってましたが、私も東京出身ですけど、「街中」使いますよ?笑) ここでベガッ太さんから、筆談等のために常に携帯しているホワイトボードに描かれた絵が登場。貝山さんの似顔絵だったのかな? 遠くて分からなかった!
貝山さん「今度の試合が6月4日土曜日、ひとめぼれスタジアムで長野戦(厳密には次戦はリーグ中断前、最後の千葉戦ですが、アウェイなので、ホームとしてはカップ戦初戦の長野戦ですね)、一言ずつ意気込みとか何でも」。千葉選手「これからまだ半分くらい試合残ってるんですけど、一試合一試合勝てるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」会場拍手。高良選手「トップチームもいいんですけど、たまには皆さんレディースの試合も観に来てください。応援お願いします」拍手。中野さん「リーグ戦とカップ戦、まだまだ続くので、ぜひ会場まで足を運んでいただき、観戦していただければと思います。応援よろしくお願いします」、拍手。ベガッ太さん「ベガルタレディースの試合に来て、ひとめぼれしてね」と筆談。まばらな拍手〜(笑)。
以上、トークショーでした。

続いて、オークション。
オークションでも基本、貝山さんがしゃべっているので、適当に省略♪ 競り落とされた額も省略♪
1品目。ベガルタとadidasのコラボTシャツ。ベガッ太君(貝山さんは、ベガッ太さんのことを常に「ベガッ太君」と呼んでおられました)のぬいぐるみつき。カードも。中野さんにより500円〜。(グレーのもので、これちょっとほしかった〜。一般価格は4500円。オンラインショップでも入手できます)貝山さん「さすが女子ですね、きれいにたたみます」(たたんでいるのは中野さん。結局全部の品をたたんでました笑。Tシャツとかユニとか、几帳面に手際よくたたんでたなぁ)。
2品目。Jリーグマスコット総選挙ベガッ太画伯の直筆記念Tシャツ(オレンジ色)と、ベガッ太君のミニマスコット。サイズはXL。ベガッ太さんにより、30円〜(笑)。
3品目。ベガルタのロングタオルマフラー、ベガッ太君のぬいぐるみつき。高良選手により(なぜか言い捨てるように笑)100円〜。
4品目。同じくベガルタのエンブレム刺繍のベーシックタオルマフラーとベガッ太君のキャラクター商品。千葉選手により250円〜。
5品目。2016レディースオーセンティックユニフォーム、選手全員のサイン入り。さらにベガッ太君の何か商品。「低い額からでもいいですよ、上がりますから」、中野さんにより1000円〜。貝山さん「今話聞いてました? ミスマイペース」(笑笑。これはけっこう値上がりしました)。貝山さん「これは相当プレミア、皆さんの活躍次第では何百倍、何千倍にもなるわけですから」。確か、このユニのオークションのあたりで、中野さんがベガッ太さんに耳打ちしたりして、何かお話をしている様子が見られました。微笑ましかった。
ラスト6品目。トップチーム2016オーセンティックユニフォーム、トップチームの選手全員のサイン入り。貝山さん「これはレディースじゃないの?」ベガッ太君の何かと何かもおまけで。ベガッ太さんにより、600円〜(これもさすが、かなり滑り込みでばんばん高額、来ました)。ユニをせっせとたたんでしまう中野さんに、ベガッ太さんから「オークション中は広げておけ」と指示が(笑)。
そんなこんなで、オークションも終了!
以上、ベガルタ仙台レディースのトークショー&オークションでした。

私の中の中野さんメーター、何だか幅が太くなって、満タンに♪
近くには行けなかったけど、ホントに、こんなにゆっくり試合モードじゃない中野さんの姿が見られるなんて。幸せでした〜。
中野さん、すごくリラックスされている感じで、表情も笑顔も素敵でした(後のお二人も、同じく! 楽しそうでした)。
貝山さんも選手の皆さんも、ベガッ太さんも、楽しい時間を、ありがとうございました!

☆彡

さて、まだまだステージは続くようですが、私は帰りますかね。
敷地は広くて、アイリス製品の安売りをしているエリアもあったようです。大きいと持って帰れないし、体力の余裕もなかったので、見られませんでしたが、掘り出し物もあったかも。
場内は、全体的にかなり盛況でした。

ベガッ太さんのサイン!

歩いてたら、ベガッ太さんがいました。む。これはチャンスでは?
お願いして、とっさにマッチデープログラムの表紙に、ベガッ太さんから初のサインをいただきました\(^-^)/(何か、ごめんなさい、有町選手・・・)

☆彡

駅から来る道すがら、たまにこの看板立ってました。今日一日のためにね〜!

帰りも槻木駅までの道のり、タクシーに迎えに来てもらいました。12時前のこの時間で、けっこうもう帰られる方も多く、敷地の入口で待っていたら、どんどん車が出ていきました。
運転手さんからは、私が東京の者だと言うと、震災のお話からご家族のお話までいろいろ聞かせていただきました。乗っている時間それほど長くはなかったけど、少し渋滞していたこともあって、けっこうがっつりおしゃべりしちゃった。しっかり女子サッカーとベガルタ仙台レディースの宣伝もして降車。
そこから東北本線に乗って、仙台に出て、適当に新幹線に乗り、適当に乗り換えて、明るいうちに帰宅!

☆彡

今回も、いろいろな方にお世話になりました!

家人と美味しくいただきました。


旅の戦利品♪ まいさんから福島のままどおるほか、いろいろお菓子(オトナのたけのこの里、食べるの初めてだった)、ねーさんから岡山産ニューピオーネ(葡萄ですね、岡山は果物王国だから)のゼリー、りあすんさんから塩だれ味のすっぱい柿ピー(1日目のお酒のお供にしました♪)、(シュガーとクッキーの)お母さんからくるみゆべし、私にまでお気遣いありがとうございましたm(_ _)m

☆彡

無事に遠征終了できて、予定を完遂できて、よかったです。
サッカーのことまで、旅行記での報告ばかりですみません。
ここまで読んでくださった方がいらしたら、ありがとうございました。