【200試合出場セレモニー@石巻2015】






【200試合出場セレモニー@石巻2015】
2016.11.22
HP引っ越し前に容量が足りなくてアメーバブログで公開で記事にしていた2015年のリーグ第4節石巻での様子を、HPの方に改めて記事にします。とても大事な旅だったので。
なんで今頃唐突に思いついたかというと、ポケモンGOで宮城県がお金を出して珍しいポケモンであるラプラスを大量に石巻を中心とした海岸沿いに招聘したという話から(笑)。
内容はレイアウトとともにアメーバのものと基本変えていませんが(そのためちょっとスカスカな感じですみません)、いくつか写真を追加したり、一部を改めて拡大したり、本文の一部を写真のキャプションにしたり、キャプションに補助で言葉を入れたりしています。
アメーバの方にはいいねやコメントつけていただいているので、そのまま残します。この試合で中野さんは2アシストしていますが、いただいたコメントで、つっつさんがラジオで聴いていらっしゃったかぎりでは誰がアシストしたか言及していただけなかったそうです。中野さんの知名度が浸透していなかったせいでしょうね。今だったら考えられない。
アメーバで旅行記を書いたのこれかぎりなのですが、スマホで書いたせいか、なんか拙いですね(笑)。

*

初めて、石巻へ行ってきました。
本当は、昼過ぎに家を出るはずだったのですが、第2節のときと同様、やはり早朝に目が覚めて落ち着かず、8時過ぎに家を出ました。
お昼に仙台に着いて、食べたかった駅弁を何とか探し当てて、新幹線の待合ロビーでiPhoneの充電をしながら昼食。ちなみに、wikiによると、仙台駅は駅弁の種類が日本で最も多い駅、なんだそうです。
お目当ての駅弁はこちら。「みやぎ石巻大漁宝船弁当〜第2弾」。
 

3枚目の画像、お品書きのアップを入れてみましたが、拡大したらピントぼけてますね。読めるかな。。。

 
海鮮の具材がたくさん詰まっていて、美味しかったです! 特につぶ貝(単に貝好き笑)。

仙台から、東北本線で小牛田(こごた)まで、そこから石巻線で石巻へ。
石巻線で車窓から見えていた景色で気になったのは、がれきが積まれた場所は一カ所しか目に入りませんでしたが、休耕地がとても多かったこと。まさか、ここまで津波が来たわけじゃないよな、とそのときは思いました。海なんかまったく見えないところだったので。

石巻に、ホテルのチェックインが可能な時間の15時前に着いてしまって、とりあえず、明日お世話になる予定のタクシー乗り場を確認、それから帰りにお世話になるかもしれないバス乗り場も確認。
バス乗り場のところに、復興祈念の碑がありました。石巻もかなりの被害に遭ったのですね。
 

 
とにかくタクシー乗り場とバス乗り場だけ確認して、駅に戻ってきて、駅の建物内にあったコンビニ(NEWDAYS)で、夜ご飯と明日の朝ご飯の買い物などしても(ちなみにこのコンビニにも石巻の駅弁売っていました! 石巻でこの駅弁が買えるのはここだけだそうです)、まだ時間が余る。ホテルに電話しましたが、通じません。
有り難いことに、駅の建物の一部がカフェになっていたので、そこで待つことにしました。その名も「マンガッタンカフェ えき」。
昼食で食べた駅弁の箱の裏に書いてあったのですが、石巻は石ノ森章太郎さんと縁が深いようで(宮城県のご出身)、駅からほど近いところに石ノ森萬画館という建物もあるんだそうです(翌日、タクシーの運転手さんにも教えていただきました)。今wikiで調べたら、その石ノ森萬画館の英語表記がIshinomaki Mangattan Museum(いしのまき・マンガッタン・ミュージアム)。
カフェの名前は、ここから多分来ているんですね。
 

 
写真はカフェの入口脇の看板と、珈琲の石巻ブレンドと、横にある「石巻」と書いてあるのは珈琲羊羹なるもの。円い筒に入っていて、下から押し出して食べるようになっています。
珈琲づくしになっちゃいましたけど、美味しかったです。私がお店にいる間に、まとめ買いしていくおばさまがいました。
 

多分、駅前のどこかで撮った、石巻とマンガの関係を記すモニュメント。

 
15時過ぎて、さて、ホテルに向かってみようと思って、店を出たら、それまでまったく気づいていなかった009や仮面ライダーの像があちこちにあるではありませんか。
駅の入口にも市役所の入口にも、ホテルに向かう途中の道にも。009、全部は撮れませんでしたが、記念に撮影。まず駅前。
 

 
ホテルに向かう途中の通り。
 

 
市役所前。
 

 
お約束のマンホール。
 

 
そして、発見、ベガルタ仙台のメディアといえば河北新報。看板があったので激写。009とかよりも私にはこっちの方が感激だったり(笑)。いつもお世話になっておりますm(_ _)m
 

 
ホテルでは、本来20時だったチェックイン、すんなり15時に部屋に入れてもらえてほっとしました。
すぐにとにかく着替えて休みました。完全には眠れなかったけれど、もうここまで来ているという安心感から、気持ちはとても安定していました。
母親からのメールで、今日19時半からブラタモリやるわよ、と教えてもらったので、19時のニュースから続けて見ながら夕食を食べました。地元のニュースで、東京の人間には新鮮。明日の降水確率0%。よかった。

夕食は簡素でした〜。本当は石巻は海鮮ものが美味しいらしいので外食したかったのですが、一人だし、体力温存を兼ねて、コンビニ食で間に合わせました。でも、缶つまレストランの牛肉の赤ワイン煮が売っていたので、思わず買ってしまった(笑)。
缶つまレストランというのは、「そのままおつまみになる缶詰」が売りの缶詰商品です。
私が寿司ネタでいちばん好きなシャコ、そのシャコのアヒージョなるものが、この缶つまレストランのラインナップに入っていて、それを買いに行って(シャコ好きにはオススメ!)、缶つまレストランのことを知りました。
他には初めて見た、福島産の豚肉ふきのとうみそのおにぎり。豚肉と、ふきのとうと、味噌。珍しい組み合わせじゃありません? 美味しかったですけどね。
 

 
シャワー浴びて、すぐ就寝。
そうそう、エアコンもヒーターも電気じゃなくガスでした。お休みのときには安全のため消してくださいって。それほど寒くない季節でよかったです。

翌朝。やっぱり早く起きてしまって、とりあえず買ってあった朝食を。
10時までは何とかホテルにいようと思ったのですが、精神的に無理でした。チェックアウトして、駅前まで行って、またNEWDAYSでお昼ご飯のためのおにぎりを買って、タクシーでフットボール場のある総合運動公園まで。

チームの公式で発表があったとおり、ソシオ・レディースの会員でも、自由席とSゾーン席は並ぶところが違っていて、この日は中野さんのリーグ通算200試合出場達成のセレモニーもあるということで、メインスタンド側に当たるSゾーン席の列に並びました(自由席はバックスタンドの芝生席でした)。
 

 
開場まで長かったですが、途中、マッチデープログラムを通りすがりの方にいただいたり(後援会が配っていたらしい? この日のピックアップインタビューは有町紗央里選手でした)、ツイッターでフォローさせていただいて、お名前だけ存じ上げていた方に話しかけていただいたり(私が23NAKANOのユニを着ていたので分かってくださったんでしょうね)、地元のテレビ局によりにもよって東京から来ているということだけでインタビューされたり(ボツになったようです!よかった!!)、警備員のお姉さんに尋ねたら、10時半から個人の横断幕の掲出もしていいということで、10時半からはチーム幕も含めて幕張りに。戻ってきて、11時半に開場。
 

列の横には、石巻のグルメがいろいろ売っていました。食べたかったけど、体力温存のため、じっとしていました。

 
後ろが通路で(最後列でした)左が通路の席を確保。ほっとしました。

前座でちびっ子たちがハーフコートで試合をしていました。ハーフコートなので同時に2試合。
あるチームには、けっこう女の子が混ざっていました。未来のなでしこ!
その横で、選手たちがストレッチなどをして待っていました。
私は、買ってきたおにぎりで昼食。

この日の練習では、中野さんのお相手は有町選手でした。移籍してすぐの練習試合の頃は、別の人と組んでいることも多かったのですが、やっぱりこの二人でやるのがいちばんしっくりくるのでしょうね。

練習終了後、中野さんのリーグ通算200試合出場達成のセレモニー。石巻市長から花束の贈呈がありました。ほんの数分のことでしたが、来てよかったと思いました。一瞬だけ「200試合おめでとう」のゲーフラ掲げましたが、中野さんにはきっと見えてなかっただろうな。

その後、偉い方々のお話が続いたのですが、今日の仙台の対戦相手をなぜか「甲府」のチームだと勘違いなさっていた方がいて、会場の皆さんがざわつく中、その方は最後まで堂々と間違えてお話を締めくくられました(笑)。

そして今日も、応援団のカントリーロードとともに選手入場。この時間、とても好きになりそうです。

試合は、ご存知の通り、前半3分に1点目が入りました。
中野さんの蹴る右CKから。ゴール手前にいた川村優理選手がCKの流れのまま右にいた中野さんにボールを戻して、中野さんがクロスを上げ、高橋奈々選手のヘディングシュート!
2点目も前半13分、中野さんの左からのクロスを、ゴール前で有町紗央里選手が合わせてゴール!
この日は中野さん、2アシスト!
有町選手とのホットラインも炸裂!
ゴールも嬉しいけれど、チームにフィットしていることが分かるアシストは、本当に嬉しかったです。
実況中継のあったラジオ3を、タイマーはかけてあったのに、ラジオを起動するのを忘れていて、どんなふうに中継されたか分からないのが残念ですが、目の前で見たからいいとしよう!
河北新報で、有町選手と一緒に採り上げられた記事も出ましたし。高橋選手も記事で「いいボールが上がってきた」と言ってくださっていたし。

試合は3-0で勝利。
石巻ではまだ負けなしだそうです。
中野さんのプレーにどよめきが起こることもあったりして、本当にこの日は大活躍でした。

やっぱり会って帰りたいなぁ・・・。
帰りのタクシーや電車の心配をしながら、横断幕を片付けて(手伝ってくださった方、ありがとうございます)、ベガルタバスの前でぼんやり出待ちをしていました。
そうしたら、あの、って声をかけてくださる方が。
なんと。第2節のユアテックでの試合のファンサのときに、たまたま隣に居合わせて、その方がサインペンをなくされて動揺なさっていたときに、これでよければって貸して差し上げた方でした!
覚えていてくださったんだ〜。

お友達と二人でいらしていて、選手の方と出待ちでお会いする約束をしているとのことで、お話をしているうちに、なんと、そのお友達を仙台駅まで車で送るから、一緒に乗って行かれませんか?って言ってくださったんです(T_T) 「せっかくだから時間を気にしないで、選手と触れあっていってください」って。感涙。

中野さんが早めに出てきてくれて、アシストおめでとうございますも伝えられたし、ユニにサインもいただいて、しばらく後に、また中野さんが有町選手と一緒に出てきているところに、ふと気づいて、ゲーフラを見ていただこうって思いました。
第2節の200試合目のときは、ゲーフラを折りたたんだところに、サインと日付をいただいたので、全貌をお見せしていなかったのです。
それで、その場の思いつきで、これ持っていただいて、写真撮らせていただいてもいいですか?って尋ねたら、喜んでOKしてくださって、持っていただいて撮ったんですが、風が吹いていて端っこが折れちゃう。
直してもう一度撮り直そうとしていたら、シュガーとクッキーのお父さんが「せっかくだから二人並んで、まぁいいからいいから」って、もうどさくさに、ゲーフラを中野さんと二人で持ったツーショット写真を撮ってくださいました!
いいんでしょうか、こんなにいいことがあって。

ベガルタバスを、車に乗せていただく方たちと一緒に見送って、いざ仙台駅へ。
道中、ベガルタバスが少し手前を走っていて、Uターンしてきたから何かと思ったら、高速に乗るのに、いちばん近い入口がちょうど工事期間中に当たっていて、閉鎖中だったのでした。私たちもUターン(笑)。
車の中で、同乗なさった方から、被災に関するいろいろなお話を聞かせていただきました。この日のスタジアムの周囲にも大きな仮設住宅群があったことや、途中、街中でも、仮設住宅を見かけて、まだまだなんですよ、と仰っていました。石巻線で見た休耕地も、やはりあそこまで津波が来ていたとのこと。あり得ないほど被害は大きかったんですね。
何より感動したのが、震災直後、避難所にいる方々の名簿のデータ化のボランティアを少しだけやらせてもらったんですが、そのシステムを、車に同乗した方が実際に使いましたと仰ってくださったこと。
東京に住んでいて、働くこともできない障がい者の私ができることといったら本当に限られていて、その作業に携われたことで、とても自分勝手なことだけれど、私自身、少し気持ちが楽になったのです。
東北は本当にまだ復興中。
そのことを、ご実家が被災された方から初めてじかに聞くことができて、よかったと思いました。
一人で移動していたら、あり得ない経験でした。
未だに私のできることは全然ないけれど、少しでも何かを共有できたら、違ってくることもあるかもしれない。
「震災のことを忘れそうになったら、私のことを思い出してって思っているんです」とその方は仰いました。具体的に当事者の方を思い浮かべることで、リアリティが生まれますよね。

仙台駅で一人で車を降ろしていただき、新幹線に乗るために駅構内へ。
まだ時間があったので、行きと同じお弁当屋さんでお弁当を見たら、こんなのがありました。
「復幸かがやき弁当」。石巻線全線運転再開記念に作られたお弁当でした。
また待合ロビーでiPhoneの充電をしながら、お弁当を食べました。
 

3枚目の画像、またもお品書きのアップを入れてみましたが、拡大したら上のよりさらにピントぼけてますね。ないよりマシと思って入れます。。

 
このお弁当も、海鮮の具材が満載で美味しかったなぁ。
でも、私の心の電池はかなり切れかかっていました。
頓服の薬を飲んで、とりあえず打てる手は打ちました。

ふと、新幹線のホームで、一人でお祝いしようと思って、お酒を買いに行ったら、男梅サワーがあったので、迷いなくそれに。
中野さんが以前にやっていた湯郷ベルの選手ブログで、男梅のキャンペーンで当たった「男」「梅」と書かれた2つの湯飲みを上司の方からいただいたと書いてあって、それ以来、ちょっと男梅のシリーズは特別なんです。全然サワーと関係ないんですけど!!(笑)
 

 
ともかく必死に帰ってきました。
完遂できて本当によかった。
ツイッターに書きましたけれど、真珠のような一日でした。

この日お世話になったすべての方、ありがとうございました。
この拙いブログをここまで読んでくださった方にも、御礼申し上げます。
そして、中野さん、私を東北に連れてきてくれて、ありがとう。
ご縁に感謝。