【お弁当遠征@長野】






【お弁当遠征@長野】
2018.4.17

久しぶりの遠征記です。
いまだ今年の予定が立たないままで、基本遠征はしない方針でしたが、監督・選手のプロデュース弁当の企画が発表されたときに、真奈美さんが担当のときだけは長野に行こうと決めていました。
いきなり発表されるので、心の準備はしておかないと、、と思っていたら、想定よりもはるかに早く来ちゃいました。
「MANAのテンションMAX弁当」。。
これ真奈美さんがつけたもの?? と思われるようなタイトルですが笑、私の今年最初で最後かもしれない遠征が決定。



今年はシーズンパスを持っていないので、先行入場はできず、それより15分遅い一般入場の列で入ることになります。早めに並ぼうかなと思って旅程出してみたら、うーん、これだけ早朝に出発するのは今の私には無理だなと判断して、すぐに、長野に前日入りするときはだいたい泊まっているホテルを確保。
そして、気がついたら、対戦相手は仙台でした。
一緒にお弁当を担当をするししょー(西川明花選手)も、今季仙台から加入した選手ですから、ある程度、意図して宛ててきたものと思われます。
真奈美さんが長野に来て、初めての古巣対決。
仙台サポの皆さんには退団発表以来(お一人は、6月に一度だけ2部の試合でお目にかかりましたが)お会いできるチャンスもゆっくり話す時間もなくて今に至っていたので、ああ、これは神さまが用意してくださった大事な機会だなぁと感じました。
そういう試合に現地で立ち会えるのは貴重とも。今回は映像配信もなかったですし。



13日は自宅で昼食をとってから出発。
想定よりも早く出発していて、新幹線までの道のりの間に、計画では試合後に寄ろうかと思っていた佐久平イオンのパルセイロのオフィシャルショップ、行きに行けちゃうかもなと思い立ちました。佐久平は新幹線で長野までの途中駅で、佐久平のイオンは、駅から近いので。
オフィシャルショップは、8日に開店したばかりです。他の2店舗、須坂や中野も場所を確認しましたが、長野から少し長く電車に乗る必要があったので、途中下車で行ける佐久平にしました。
新幹線の切符を買うときに、特急券を佐久平までのにして、乗車券は篠ノ井まで。
新幹線の中で佐久平からの電車を確認していたら、佐久平から新幹線を使わずに、小海線で終点の小諸まで行って、そこからしなの鉄道で篠ノ井まで行けることが分かりました。素晴らしい!
事前に電話で軽く確認していたので、サービスカウンター近くにあるパルセイロのコーナーはわりとすぐに見つかりました。
 

佐久平イオン。佐久平駅からいちばん近い浅間口ウィング西の入口。

パルセイロののぼり♪
コーナーは小さいですけれども、まずここが出発点。
だんだんに大きくなっていったらいいですね。
 

オフィシャルショップ外観。

サービスカウンターでレジをしてくださった女性に、レディースの応援をしていますと言うと、「レディースは長野では有名ですよね」と嬉しそうに仰っていました。ちょっと飛び火したホームタウンであるこの佐久でも、チームのことは知れているようですね。
今回は、新商品の一つ、バンダナを購入。
 

イオンの袋入♪ 篠ノ井に向かう電車内で。




篠ノ井の駅から適当に歩いていたら、もう散っちゃったかなと思っていた桜に出会えました。だいぶ葉桜ですね。
 

桜はどこで見てもきれい。通りすがりの石材店にアンパンマンとピカチュウが(ピカチュウが若干似てない笑)。

ホテルにチェックインして、荷物を整理して、さて、夕食は、篠ノ井で泊まったときはいつもそうしているとおり、パルセイロの応援拠点でもあり、レディースの試合でもいつもバックスタンドに出店してスタジアムグルメを支えてくださっている橙宴さんに。



実は、ここまでの道のりの間に、ツイッターで、ずっと「おしのさんスタッフ」さんとお話していました。
おしのさんというのは、おそらくパルセイロの方々にはよく知られていると思われる、篠ノ井地域の土地の神さまです。実体化に成功したという言い方で、生身のおしのさんが降臨中で、レディースの試合にも時々いらしてくださいます。
私、こういうふうに、土地を守る神さまを機能させるのって、すごく素敵だなぁと思っていて。いわゆるファンなんです。神さまの、土地の人との関係、存在の仕方が好き。
そのおしのさんを紹介する、「おしのーと。」という小さなブックレットがあって、橙宴さんに置かれているという話は知っていました。
つい先日、橙宴さんでは在庫が切れたというツイートを見かけて、ああ、今回、橙宴さんを訪れたら「おしのーと。」ほしいなと思っていたのが、無理かぁと残念に思っていました。それがこの日、おしのさんのスタッフさんが、「張り切って増刷中です」ってツイートなさっていて。。
ダメ元で、「今日、橙宴さんに伺っても、まだ搬入されないですよね?」ってお尋ねしてみました。そうしたら、やりとりの末、少しなら在庫があるので、18時以降なら橙宴さんにお届けできると言ってくださって! ちょうどその頃に夕食を、と思っていたので、お言葉に甘えてお願いしました。
ホテルにいた18時きっかりに、スタッフさんから搬入のお知らせをいただきました!



ホテルから歩いている途中、ふと。仙台の皆さんに、少ないけどお土産を、と思って、私の地元の(他に調達をしに行く余裕がないからなのですが汗)お菓子を持ってきていたのですが、ふと、私の地元のものだけじゃなく、長野のものをお持ちいただきたいなって。
それで、途中にある、パルセイロともコラボレーションしているお菓子屋さん「りんごの木」で、小さなアップルパイを調達しました。



ほどなくして、橙宴さん到着。
マスターが一人でいらして。おしのさんのスタッフさんがご連絡してくださっていたのと、ツイッターですでに繋がらせていただいていたのもあって、私がどういう人間か認知してくださっていました。



「おしのーと。」をまずいただき。
 

橙宴さんでいただいたばかりの「おしのーと。」。可愛い。

これを書いている今、ゆっくり拝見したのですが、手のひらに収まる、手作り感満載の全ページカラー。
生身のおしのさんの写真と情報が詰め込まれた、あたたかな印象の小冊子です。おしのさんの好きな食べ物とか書いてある笑。
篠ノ井情報として「しのみそば〜が〜」って載ってて、名前だけ聞いたことあるけど、どこに行けば食べられるんだろう。
またいつかUスタに来られる機会があったら、調べておこうっと。



橙宴さん3回目の今日は、何を食べようと思って、マスターに相談したら、パルセイロ応援裏メニューというのがあるとのこと。
本当だ、黒板に書いてある。
なので、それをお願いしました!
FMぜんこうじの番組「フォルサ☆パルセイロ」では、すでにお馴染みのメニューなんだそうです。
 

合言葉で765円! 76.5はFMぜんこうじの周波数です!

「フォルサ☆パルセイロ」は、パルセイロ関係のラジオ番組では、いちばん多くの時間を使ってくださっているかと思いますが、このFMぜんこうじだけ、radikoでも聴けないんですよね〜。。どうやら社長さんが固辞なさっているようです笑。地域FMですからね、時代の趨勢はともかく、個人的にはそういう選択もありだなとは思います。
以前に、試合前の時間にUスタ内で行われた公開収録にお邪魔したとき、本当にパルセイロ専門の番組で、地元との交流のお話も含めて面白かったので、聴きたい気持ちはあるんですが。
マスターは、お料理しながら、長野のプロスポーツ観戦についてのことを話してくださいました。
長野Uスタジアムが全国的に見ても素晴らしいスタジアムであることは知られていますが、集客にはまだまだ余裕がある。長野にはもともとプロスポーツがなくて、スポーツを現地観戦する慣習がないんだそうですね。パルセイロのレディースだけ見ていると、明らかに観戦環境の良さが集客にダイレクトに繋がっている感じがしますが、マスターによれば、これからはその程度のスタジアムはどんどんできてくるだろうし、Uスタの特権ではなくなるだろうとのこと。
ここでもまた、スポーツが文化になるまでの、地域に根づくまでの、まだ道のりの途中にあるのだなぁと思いました。
長野では、それを最も牽引しているのがパルセイロ・レディースかもしれないですね。



さて。その応援裏メニューとは!
勝利祈願としては定番の、カツ丼! でした!!(マスターの許可をいただいて書いてます笑)
でも、写真で伝わるかしら、いわゆるカツの卵とじじゃなくて、中華料理店ならではのアレンジがしてあるんですよ。
 

卵の使い方がミソです。

橙宴さんにいらっしゃる機会のある方はぜひ、試してみてください。
橙宴さんの味付けは、基本的に何でも優しくて美味しいです。
お店にいる間に、パルセイロサポの方が一人いらして。マスターと何やらメニューの相談(「ツイッターでは繋がらせていただいていますよ」って私に向かって仰ってた。はは、気づかぬうちに)。
お二人は、アウェイでUスタにいらっしゃる方々に、なにか地元ならではのお土産を提供できないかと思っていらっしゃるんだそうで、きのこを使った2つの味を試食させていただきました。1つは瓶詰めで、お土産としていただきました。ご飯の進む味。きのこのシャキシャキ感が、例えば東京ではなかなか味わえないレベルです(地元の方々はこれが当たり前だから、もう注目しないんだそう)。
 

ちょっと山椒が効いていたりして。

Uスタは、アウェイのゴール側には(少なくともレディースのときは)売店も何もなく、けっこう冷たいので笑、そういう部分をフォローなさりたいようです。おもてなしの心ですね。Uスタというと、アウェイで来ていたときは、ボランティアの方々の対応がとても素敵だなぁと思っていたので、あまり気になりませんでしたが、確かに飲み物を買いに行くにもバックスタンド中央まで行く必要があって、ちょっと遠いかな。
そのうち、おしのさん談義にもなって(これもいろいろ舞台裏が面白かったです)。
あっという間に時間が経ってしまった。
失礼して、帰りに、いつものコンビニで翌日の朝食などを調達。



ホテルに戻って、シャワーを浴びて、今日は、なでしこジャパンのW杯をかけた戦いが。
だいぶ眠くて、でも、いやここは観ましょうって。
ホテルのテレビ、BSは左下に「受信機設置のご連絡のお願い」の枠が出たり出なかったりしていて邪魔だったんですが、矢野喬子さんの解説のほうが聴きたかったので、そのままBSのNHKで。
スタメンに始まり、試合の最後まで、いろいろ感じるところはありました。が、それも全部どけて、W杯出場決定、おめでとうございます。



翌朝。
朝食を食べて、アリナミン3錠も飲んで、出発。
Uスタですよ。また行けるんですよ。
公園の中を通って。翌日、長野マラソンだったんですね。のぼりが。
 

車いすマラソンののぼりもありました。

一般待機列に荷物を置いてから、会員特典でいただいた優待券をチケットに引き換えて。
階段のところで、最初にお会いした仙台のサポの方に、お久しぶりの次に「写真撮った?」って聞かれて。「これから撮ります!」って。
最低限で会話が成り立つ笑。
というわけで、Uスタの外周にはられている選手別のフラッグを、全員分、ちゃんと自分で撮りました!(でもトップページの写真集は、ホーム開幕戦のときにセロロさんにいただいた写真のままにしておきますね) 満足♪
 

真奈美さん〜。

長野の応援団の方々がそのうちにちらほらいらして、ご挨拶して。仙台の頃からの奈々さん(橋奈々選手)推しのサポの方にも久しぶりにお目にかかって、お話聞かせていただいたり。
そのうち事前搬入の時間になったので、お手伝いして、戻ってきて、入場までにまだ時間あるな。んー! やっぱり我慢できない! ということで、アウェイゲートの方へお土産を持って歩いていったら、ゲートの手前でいちばん仲良くさせてもらっている仙台サポの方にお目にかかれて。がばーっとハグ(恒例)。嬉しかった〜。お土産も彼女に預けました。
 

お土産にいただいた牛タンの細長〜〜いサラミ♪

しばらくお話して、先行入場が始まって、入場の時間が近づいてきたので、列に戻ってぼんやりしていました。
そうしたら、前からコルリ(コールリーダー)が歩いてくる。
あれ、今頃、どうしたんだろ、と思ったら、私の前まで来て、持っていた袋を「はい」って。
え?
「お弁当」。
えええ!?
真奈美さんのお弁当〜!!!!!?←これがまさにテンションMAX。
あまりのことに絶叫したのと、あまりのことに代金を払い忘れました(あとでお届けに行きました汗)。
頭が真っ白。
 

お弁当です。本当にお弁当です。

さらに入場してゴール裏をバックスタンドに向かって歩いていて、ちょうどガチャガチャの前を通ったら(今回発売のものは前回同様あきらめていました)、また「はい」って。。9番のピンバッジ。。。
うわああああ。←またもテンションMAX。
 

今年のユニをあしらったピンバッジ。嬉しい。

その場で一つ引いて、お渡ししてきました。16番、作陽出身の内田好美選手のだった〜。どなたか欲しい方に渡るといいな。
本当にもう、お心遣い、ありがとうございます。



バックスタンドで席を確保して、実際にお弁当が売られている売り場に行ってみたりして、戻ってきて、ちょっと悩みましたが、うん、ちゃんと食べようと思って、お弁当の味見。
前もって発表されていたお弁当カードでは中身はよく分かりませんでしたが、売り場の看板に「ちょっと変わり種のビビンパ!」って書いてあって、そのとおり。
 

動揺してて写真の撮り方が悪くてすみません。。箸袋にもパルセイロのロゴ。トップチームも同様の企画をやっているから作れたものでしょうかね。

 

お弁当のところだけ切り取ってみました。中身、見えますか。

左に、ご飯の上にコチュジャンで味付けしたナムル、右に、日本蕎麦とやはりコチュジャンで味付けしたナムル。お蕎麦は少し油分が絡まっていて、ナムルも乗せてあるというより軽く和えてあると言ったほうが正しいかな。これが、意外と左と右で味が違っているように感じました。美味しかったです。
左にミートボールが3個。真ん中、手前になにかの山菜(すみません、食べたことのあるものですが名前が出てこない)の茎の煮付けと、真ん中にウィンナーと玉子焼き、上が大根の桜漬け。
炭水化物がダブルで入っていたのもあって(って、お弁当の写真をツイッターにアップしたら東京のお友達からツッコミが入りましたよ笑)、お腹いっぱい! ごちそうさまでした。
いやー、本当は保存しておきたいくらいで、2つ目を買って、帰りに食べようかとか、ししょーのお弁当も食べたいとか、ものすごく悩みましたが、あまりに満腹だったし、真奈美さんのお弁当は少しでも多くの人に味わっていただきたかったので、断念。
売り場をウロウロしていたら(不審者。笑)、スタッフの方が話しかけてくださったので、「真奈美さんのお弁当を食べましたが、あのお蕎麦とナムルの組み合わせは面白いですね」と言ったら、実はこのプロデュース弁当を手がけてくださっている草月さんのオリジナルメニューなんだそうです。
 

お弁当売り場に出てた看板。

真奈美さんは、今年のイヤーブックで、「長野といえば?」という質問に「そば」と答えていますが、長野ならではのアレンジでした。
お弁当カードも、見た目も内容も毎度選手ごとに充実していて、これがほしいと思う方もいらっしゃるでしょうね! このコメントがどのくらい真奈美さんオリジナルなのかは分かりませんが。ここに入ったサインを見て、これでサインをいただいたことにしよう♪ と思いました。
 

お弁当のカードだけを。

カウントダウンNPがオーロラビジョンで流れていました。この日の担当は背番号30、風間優華選手。新体制発表会でも触れられていましたが、今はチーム唯一の長野県出身者なんですよね。チーム最年少は、さすが若い!



試合開始まではまだ時間があって、仙台の方々が横断幕はりも終えて、アウェイ恒例のベガルタオーレ(ラインダンス)もすんで、くつろいでいらっしゃるようだったので、ゴール裏に思い切ってお邪魔。
久しぶりにお目にかかる方々に、いっぺんにご挨拶できて嬉しかった〜。
皆さん、真奈美さんかししょーのお弁当を食べていらっしゃいました。よかった、アウェイ入場前にお弁当が売り切れなくて!!
橙宴さんで、レディースは売り切れるのが早いから今回からは10食ずつ増やすらしいと伺っていましたが、それが効いたかな?
お二人の方が、真奈美さんのお弁当カードを「ほい」ってくださいました。わーい\(^o^)/
いっぺんにたくさんの人に会うなんて、今の私には実はめっちゃハードル高かったんですが、お会いしたい気持ちのほうが先に立って、乗り切れちゃいました(帰りの新幹線のあたりでちょっと沈没した)。
仙台の皆さん、いきなりお邪魔しましたm(_ _)m



試合が近づいてきて、スターティングラインナップの動画とか撮って、ドキドキしてきて(最初から最後までかっこいいですよね〜。ここでは真奈美さんのとこだけにしますが)。
 

南長野に〜集う仲間よ〜って、大好きな歌をまたUスタで、現地で、歌えて。。←またもやテンションMAX。
試合が始まりました。
真奈美さんごめん、いつもよりもピッチ内アップの時間とかまともに観られてなかった。



この日もバックスタンドの中央付近にいたので、左から仙台のコール、右から長野のコール。
もうそれだけでけっこう混乱して笑。
歌いつづける仙台のコールも、とても好きだったんですよね。。
改めて、仙台らしい、いいコールの数々だなと思いました。フォルツァ仙台とか、手が動きそうになった笑。



試合は、前半特にやや押され気味でしたが、両チーム選手が交代していく中で、ポジションやフォーメーションを変えて、長野もリズムを掴んできたりはしていました。
真奈美さんは、この日はボランチでスタート。信濃毎日新聞に書いてあった「手の内を見せない」一環かなと試合中は思いましたが、試合終了後のHPにアップされた監督コメントで、FWからラインコントロールする守備のお話が出ていたので、失点せずに得点機を狙う試みでもあったのかもしれません。終盤にかけて、志乃選手(國澤志乃選手)が入ってからは、うー選手(齊藤あかね選手)とツートップになったり、ハルヒ選手(鈴木陽選手)が入ってからは、ハルヒ選手のワントップで、真奈美さんはトップ下あたりに移動。チームとして得点を狙いに行っていました。
仙台は、かつて頼もしかった選手がそのまま怖い選手になってて、やっぱり不思議な気持ち。
結局、いろいろあった末にスコアレスドローに終わりましたが、選手交代の多いカップ戦ならではの楽しみがあったかなと思います。
ここ2試合、各3失点していたことを考えると、無失点だったのは成果でしたね。仙台は、前節でINACに1-0で勝利して、その勢いを持ってきていたので。
長野は、入場者数は少し落ちているものの、応援の力でも、しっかりチームを支えられていた印象でした。ここのところお誕生日を迎える選手が多いようですが、ちゃんと応援団からのプレゼントも用意されていましたよ♪
 



楽しみにしていたマッチデープログラム、美濃部GMの昨年と変わらず詳しいプレビューコメントに「アラートさ」というものについての言及があって、それが試合後に送られる会員へのレビューコメントにも繋がっていました。
HPにアップされる監督・選手のコメントとともに、こうやってしっかり、試合について、サッカーについて、流れを持って確認したり振り返ることができたりするのは、恵まれているなぁと思いました。
あー、もう、毎回このマッチデープログラムが読みたい!(ちなみに今回の選手インタビューはキャプテンのぽー選手=坂本理保選手でした)
 

時間を置いてでもよいので、どこかで読めるようにならないかな。。




試合終了後、ぼんやりそのまま真奈美さんを追っていて。
ピッチから下がるときには、仙台の今のキャプテン安本紗和子選手とがっちり肩を組んでいました。その姿がほほえましかった。
仙台との初の古巣対決、どうだったかな。
次戦も、今度はリーグで、対仙台。アウェイです(ひとめぼれスタジアム宮城)。
 

試合後、名残惜しいのでスタジアムをぱしゃり。このスタジアム来訪もようやく10回を越えました。




長野も仙台も、なかなかお会いできないかなぁと思っていた方々に、たくさんお目にかかれました。お世話になり、ありがとうございました。
今回の遠征は、他の誰より私がテンションMAXでした笑。
これを読んでくださった皆さまにも、ありがとうございました。